立川市のお財布事情はどうなっているか  4月11日~4月17日

2016年4月27日 18時14分 | カテゴリー: 活動報告

3/26昭島エコメッセ10周年記念イベント【ダムネーション】上映会  パタゴニア日本支社社長 辻井 隆行さんと。大河原まさこさん(右から2人目)とのダムについての対談はとても盛り上がった。

3/26昭島エコメッセ10周年記念イベント【ダムネーション】上映会
パタゴニア日本支社社長 辻井 隆行さんと。大河原まさこさん(右から2人目)とのダムについての対談はとても盛り上がった。

4月11日(月) ●東京ネット学習会「みんなのシチズンシップ教育」に参加 講師 小玉  重夫さん(東京大学院  教育学研究科教授)
●女性の働き方 連続講座Ⅰ「経済大国ニッポン」が生む「女性の貧困大国」 講師 竹信三恵子さん(和光大学教授・元朝日新聞記者)
*東京・生活者ネットワークの女性部会は、男性にも広がっている非正規雇用の現状と、社会保障制度の基本的課題を学び直し、解決に向けてできることを考えるため、雇用の現状や社会構造から見える課題を捉え、国の制度提案とともに、自治体の政策に繋げていきたいと考えています。
そこで、「女性の働き方」をテーマとした連続講座(4月、5月)を企画し、第1回目は、「家事ハラ」の言葉の生みの親でもある竹信三恵子さんを講師に、女性と若者と子どもの貧困の背景について学習しました。

4月12日 (火)●武蔵砂川駅前 朝遊説 議会報告と活動レポート配布 *手がかじかむくらいに、寒い朝でした。

●事務所にて「選挙」 (監督:想田和弘)上映会 *誰のための選挙なのか?問われる映画です!

4月13日 (水)●リスルホールにて『よくわかる市町村財政分析』に参加 主催 多摩住民自治研究所 講師 大和田 一紘さん、石山 雄貴さん

第1講「自治体情報の電子化と公開性―誰でもできる財政分析」 第2講「市町村のふところは―歳入の仕組みを考える」 第3講「議会・市民から見た税金の使われ方―歳出の仕組みを考える」 第4講「様々な「財政指標」の見方・読み方・使い方」

4月14日 (木)● リスルホールにて 『よくわかる市町村財政分析』に参加

第5講「地方交付税分析ツールとしての地方交付税算定台帳」 第6講「わかりやすくわがまちの財政を伝える意味とその手法」

*財政を他自治体と比べてみる、わがまちの財政を数字で分析することによって、どのような分野に税収が使われているのか?その配分が本当に妥当なのか?が見えてきます。 地方交付税分析とありますが、立川市は税収があり、不交付団体です。だからと言って市民に関係のない話ではありません。国の累積赤字は、この全国に高い割合で交付されている地方税が原因です。税金の再分配については見直しが必要です。

●市役所・会派室で打合せ「平成28年度政務活動費事業計画書、政務活動費予算書」について稲橋議員と話し合い
●立川ネット会議 運営委員会

4月15日 ●事務作業日 政務活動費について、報告書類作成など
4月16日 休み
4月17日  ●事務作業日 政務活動費報告書類作成、調べもの事務作業など
* 強風の一日でした。