10/10~10/16活動報告 ネウボラ視察 夜のパトロール 西砂小50周年 地域のサッカー場 

2016年10月22日 18時49分 | カテゴリー: 活動報告

グランド整備作業西砂小50周年10月10日(祝・月)OFF

11日(火) 玉川上水駅前朝遊説、 市役所にて代表者会議後の打合せ

12日(水) 埼玉県 和光市 和光版ネウボラ視察

13日(木) 調査・事務作業

14日(金) 市役所にて ニューカレドニアから交換留学生13名が立川市議会を表敬訪問。

夜は保護者である立川市民のお母さん達と一緒に、立川駅南口でJKビジネス調査&パトロール。パトロールは地域の自治会や市役所職員の方々と共に。

最近、報道等で取り上げられている、10代の子どもたちが、風俗店や売春など性の商品として巻き込まれている現状を知り、立川ではどうなのかということで、実際に歩いてみた。虐待やネグレクトなどで家庭に居場所がなく、繁華街をさまよい、巻き込まれるということだが、今回の時間帯では10代を見掛けることはなかった。立川市には、「立川市客引き行為、勧誘行為、客待ち行為、つきまとい行為及びピンクちらしの配布等の防止に関する条例」があるが、客引き行為やスカウトマンは見られた。性を商品として、街中で売買され、それを容認している日本。少しでも、そんな街の状況に気づける大人を増やすこと。そして、容認しないこと。 と同時に夜中でも、子どもが虐待やネグレクトから避難できる居場所を作ることも必要だ。

15日(土) 立川市立西砂小学校の50周年記念式典 来賓として出席。子ども達のまっすぐな歌声、小学校を支える地域の方々の面々。いつもの体育館も祝賀会会場に変わる特別な1日だった。

16日(日) 朝から立川市中里多目的運動場のサッカー場で、地元の少年サッカークラブのお父さん達およそ20名と市役所職員の方々と一緒に、土砂の運搬と整地作業で汗を流す。軍手とスコップ持参で、盛り土からスコップで、ねこぐるまに土を入れ、くぼんだ箇所へ運び、トンボでならす。市内の公園の砂場入れ換えで集めた砂を、地域の土建屋さんが協力してくださった重機で引き取り、市民と行政と協働で公共施設である運動場の整備をした。これからは、人口減少・財政が縮小していく中で、私達市民も行政にお任せではいられない。私達の使用する公共財産も、私達が維持・管理していくのである。

午後から、立川市民財政白書学習会に参加。