2017年の立川市議会をもっと【開かれた議会】に~民意と歩む~

2017年1月2日 00時02分 | カテゴリー: 活動報告

2017年が開けました。おめでとうございます、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

2016年を振り返ってみますと、富山市議会で、政務活動費が実状からかけ離れた使われ方をし、話題となりました。12月31日付の北日本新聞には、富山県内の議会を行政監視・政策立案・情報公開の3つの観点からチェックし、6市町村が『3ない議会』であると1面記事になっていました。つまり、①議案に修正・否決がなく、丸のみである。②議員提案がない③賛否が非公開(ちなみに、立川市議会は②が該当します。)であり、【開かれた議会】と現状の隔たりも伺え、改めて議会の在り方が問われる、とありました。

私の3年目の議員活動は、任期4年間の折り返し地点となりました。これからは、『今までの質問を見直し、選挙公約と照らし合わせ、更に課題や論点を詰めていくこと』そして、『2017年の立川市議会をもっと【開かれた議会】にするために、議員意識と意欲を更に高めていくこと』です。一人ひとりの声に耳を傾け、市民全体の利益として民意と共に歩んで行きます。応援をよろしくお願いいたします!