2017年1/1~1/7活動報告 駅頭朝遊説からスタート 市民の議席を生かす

2017年1月15日 19時55分 | カテゴリー: 活動報告

1月1日(日)~3日(火) お正月休み

4日(水) 玉川上水駅 駅頭朝遊説

5日(木) 武蔵砂川駅 駅頭朝遊説 新年あいさつまわり

6日(金) 西武立川駅 駅頭朝遊説

7日(土) 立川市体育協会 賀詞交歓会出席

駅頭朝遊説では、2017年のご挨拶と、議員活動の抱負、昨年の12月議会の報告や、政務活動費問題について話しました。
昨年の富山市議会政務活動費の問題を受けて、【開かれた議会】の在り方について、北日本新聞の記事では、「一般的に多くの執行部は否決・修正されないよう議員に、事前に説明し、調整を重ねる『根回し』を行っている。水面下で、民意を議案に反映させているとも言えるが、その度合いや過程は有権者には見えない。行政(執行部側)との馴れ合いも。」と書かれていました。
本会議場や委員会室での質疑は、本来、行政の行っている事務事業の目的と現状を擦り合わせ、課題や論点をあぶり出して行くものだ、と私は考えています。生活者ネットワークでは、本会議前に説明を求めて、事前に行政ヒアリングで説明を受けることがあります。富山市議会のように行政と馴れ合いにならずに、論点を詰めていき、市民にとって有益な納得ができる事務事業となるよう、行政のチェック機関としての議会の中の市民の議席として、今年も努めてまいります。

1月4日 玉川上水駅 朝遊説

1月4日 玉川上水駅 朝遊説