山内れい子 若い人たちが希望のもてる社会へ

2017年7月1日 14時01分 | カテゴリー: 活動報告

 生活者ネットワーク 山内れい子都議会議員候補の応援に国立へ行っています。
山内れい子さんは『やりなおしができるチャンスのある、若い人達が希望のもてる社会へ』とビデオメッセージで言っています。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックが終わった後、2025年に来る超高齢化・人口減少社会を見据え、地域福祉の充実を今から準備しなければなりません。空き家・空き店舗を利用した地域の居場所「まちの縁側事業」が市民力で始まっています。これを支援するのが東京都の役割です。生活のまち・東京をめざし、これから社会を担う若い人、子どもたちのためにも力を尽くす「生活者ネットワーク 3期目の山内れい子」の議席が必要です。